BLOG

2017.07.16更新

 

さ

 

 

【お悩み相談】

 


Q.髪の表面がすぐ褪色して明るくなってしまうのですが、その理由と何か対策はあるのでしょうか?


 

 

 


A.その理由は一概には言えませんが、いくつか考えられます。

 

1.紫外線による日焼けによっての褪色

2.ドライヤーなど物理的要因による褪色

3.内側と表面との、元々のダメージの違いによる褪色


 

 

 

 


1.『紫外線による日焼けによっての褪色』について

髪の表面と襟足の髪の毛を見比べて見てください。
ザックリですが2トーン以上差があるようでしたら、それは「紫外線」による褪色の可能性が大です。
その人その人によってライフスタイルが違います。

・外まわりをしている人
・朝ジョギングをしている人
・毎週海に行く人
・子育てで公園に行く人か
・アウトドアが好きな人 etcetc。。。

少し考えただけでも、紫外線に長くあたる人って結構いますね。

お肌同様、髪の毛も紫外線によって日焼けします。
お肌は日焼けしないように、日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたり、長袖を着たりと、みなさんそれぞれ対策なさってると思いますが。。。

 

 

髪の毛は??????

 

 

「お休みの日に外出るときはなるべく帽子かぶるようにしてるけど、仕事中はさすがにかぶれないし。。。」

「アウトバスのトリートメントにたしか(UVカット)って書いてあった気がするけどどんだけのものなのかは。。。」

「子育てで公園毎日のように行くけど髪の毛のことまで気にしてる余裕ないのよね。。。」

「週3でジョギングしてるけど、そもそも帽子とか嫌いなんだよね。。」


と。。。

お肌の対策はみなさんされてることが多いですが、髪の毛のUV対策は????
という方が多いように思います。


で、実際髪の毛が紫外線を浴びるとどうなるのか?


髪が紫外線を浴びると、髪のタンパク質の構成であるシスティン結合が壊れ、毛髪の乾燥や硬い質感になります。
髪の表面のキューティクルが活性酸素の影響でバリバリになります。
紫外線はメラニン色素を分解します。
要は、カラーが褪色しますし、地毛の黒髪でさえも茶色くなります。

余談ではありますが、お肌の「老化」の原因として色々な要因があるかとは思いますが、大きな原因とされてる1つとして「紫外線」があります。
試しに、ご自分の二の腕の裏を見てみてください。
そこは紫外線が当たりにくい肌です。
そこと紫外線が当たりやすい肌の部分を比べると、紫外線による肌の老化比率がわかると言われています。

あ、あくまで余談です。。

 


【対処法】


 


話がそれましたが、そんな髪の紫外線による褪色を防ぐ簡単な方法として、

「ナプラ ミーファフレグランスUVスプレー」

さ

です。(なんか営業な流れですみません。。。)

 

いろいろなメーカーを試しましたが、これのいいところは
☆全身に使える(髪、顔、体)
☆無香料(自分の香水の邪魔をしないし、使う場所も選ばない)
☆保湿効果もあり
☆ボトルが小さく携帯もしやすい
☆1番は使用感が軽い!!!

SPF50+ PA++++

でこの軽い使用感!

髪はもちろん

さ

 

顔(メーカー的には目や口に入ると危険ということでNGですが、使っちゃってます。。)

さ

 

分け目(これが大丈夫!髪だけでなく分け目にもつけましょう!)さ

 

あとは全身にも!!!

さ

 

 

 


Q.髪の表面がすぐ褪色して明るくなってしまうのですが、何か対策はあるのでしょうか?

に対する答えの1つ

1.紫外線による日焼けによっての褪色

これに対する対処法でした。


2.ドライヤーなど物理的要因による褪色
3.内側と表面との、元々のダメージの違いによる褪色

の回答はまた次回に。

みなさん、楽しい夏をお過ごしくださ〜〜い(^^)


ふくてんちょ takuya